おせち 由来

おせちの由来について

お正月に、美味しく食べているおせち。
その意味について、考えてみましょう。

 

まず、お正月になると、年の神様がやってきます。
この神様は「年神」あるいは「年神様」と呼ばれていて、日本の暮らしに重要だった農耕の神様でもあるんです。

 

そのため、自分の家に年神様を招き入れて、歓迎し祝うことで、これから始まる一年間、豊作になることを祈願したのです。

 

 

 

お正月に飾るものの意味について

門松は、年神様が降りてくる場所の目印、とされています。
また、しめ飾りは、神様が訪れる場所に最適な、神聖な場所を表しています。

 

鏡餅を飾るのは、年神様にお供えをする意味があります。

 

おせち料理にはどんな意味があるの?

おせちも、鏡餅と同じように、年神様にそなえる食べ物でした。
古くから、日本では収穫されたものを神様にまずお供えをする慣わしがありました。
その供えた後のものをいただくのが、神様の持つ力をいただく、ということを意味するのです。

 

今のような豪華なおせちは、江戸時代に始まった、といわれています。

 

おせちに入っている食材のいわれについて

 

黒豆

黒豆の写真
「マメ」にすごせるように、という意味が、黒豆にはあります。

 

昆布巻

昆布巻の写真
昆布は、「よろこぶ」の「こぶ」から、喜ばしいものとされていて、使われています。

 

数の子

数の子の写真
ひとつにたくさんの卵があるので、「子だくさん」につながり、子孫繁栄の意味がこめられています。

 

えび

えびの写真
えびのように腰が曲がるまで長生きできるように、という願いがこもっています。

 

田作り

田作りの写真
昔、上質な肥料として田作りに使われるカタクチイワシが利用されていたことから、豊作を願っておせちの食材に使われています。

 

 

 

江戸時代に、今の形になったといわれるおせち。
豪華絢爛なのは、それも理由なのかもしれませんね。

 

期待を裏切らないおせち

おせちを通販で買うときに、一番気になるのが「本当に中身の詰まった、美味しく安全の高いものが届くのか」ということですよね。

 

ここで紹介するのが、購入されたお客様の96%以上が満足した、本当に選ばれている上質なおせちです。
それは、「匠本舗」のおせちです。

 

お客様の安全と健康に徹底的に配慮して、保存料などは一切使わずに、選ばれた素材だけを贅沢に使った、心から美味しい!と納得していただける高級おせちです。

 

早割でお得に!

今、おせちを注文すると、早割でお安く買えるんです。
この特別価格は期間限定!早い者勝ちです。

 

本当に美味しい御節をお正月に食べたいなら、今が注文をする時です!